うさぎ

うさぎの避妊手術はするべきか否か

おはようございます!こんにちは!こんばんは!

ネザーランド♀飼いの侑空-yua-です。

うさぎ飼いにとって究極の選択。

それは避妊・去勢手術をするかしないか。

犬猫は当たり前のようにしているこの手術。

うさぎはそこまで浸透していないのが現状です。

でも、避妊手術に関しては犬猫以上に必要性が高いって知ってましたか?

今回は避妊手術をしない!と決めていたのに、手術をすると決めた経緯をお伝えします。

手術をするかどうか悩んでる人にこういう考え方もあるよということが伝わればいいなと思います。

うさぎの子宮がん発症率は高確率

うさぎを飼っている人なら聞いたことがあるかもしれません。

メスのうさぎは病気になる可能性が高い

私も斗空-toa-を飼う前から知っていたこの事実。

だからずっとオスを探していました。

病気になるとわかっているのに飼うのが怖かったんです。

オスだから病気にならないという保証はないですが、確率の話です。

そりゃあ低いほうがいいに決まってる。

ですが、斗空を見た瞬間にこの仔だ!と思いました。

小学生の頃に飼っていたミニウサギになんだか似ていたんです。

なんだか目が離せなくなりました。

でも、斗空はメス。

めちゃくちゃ悩みました。

2~3時間、斗空の前で悩み続けました。

その間もどれくらいの確率で病気になるのか調べました。

調べて調べまくって決断しました。

メスでもこの仔がいい!!

気持ちが揺らぐことがなかったのでお迎えしました。

私の中でそれくらいメスを飼うことには葛藤がありました。

メスうさぎの子宮がん発症率 4歳から50% 5歳になると80%に上がる

4歳になってないから子宮がんにならないというわけではありません。

2歳でも子宮がんになっているうさぎさんはいます。

1歳でもいるかもしれません。

ただ年齢が上がると発症率はあがるということです。

4歳からシニアと呼ぶ獣医さんもいます。

そんな4歳になると子宮がん発症率は50%と言われています。

5歳になると80%に上がります。

50%ということは2羽いたら1羽は子宮がんということ。

半分が病気になるということなんです。

逆に言えば半分が病気にならないということですよね。

だから、手術をするか迷うんです。

「うちの仔はきっとならない方の半分のはず!」
「健康な体にメスを入れるのはちょっと・・・」

色んな思いが錯綜すると思います。

麻酔で死んでしまう確率も高い

~獣医さんに教えてもらった麻酔事故の確率~

ヒト:1/10000の確率

犬猫:1/5000

うさぎ:1~2/100

これだけみるとうさぎの確率が異様に高いのがわかります。

でも、これはうさぎの避妊手術が進んでいないことが原因でもあります。

犬猫は小さいときに手術を受けることが多いですよね。

うさぎは7~8歳という高齢期に受けざるを得ない状態で手術を受ける事が多いんです。

そうするとやはり麻酔から目が醒めない確率が多いようです。

あとは、うさぎの手術をしているところが少ないというのも原因だと思います。

この確率を見ると手術を躊躇してしまいますよね。

私はそうでした。

小さくても麻酔から目が醒めないことはあります。

長生きしてほしくて手術を決めたのに麻酔で死んでしまうなんて悲しすぎる。

そんなの耐えられない!!!

ということでずっと手術から逃げてました。

偽妊娠を繰り返している

新婚旅行の際に『うさぎのしっぽ』に斗空をあずけてました。

お迎えに行ったときに店長さんに言われたんです。

店長さん
店長さん
この仔、偽妊娠繰り返してるね

偽妊娠してるだろうなとは思ってました。

よくマフマフ抜いてるし、草を食べるだけじゃなくてケージ内に撒き散らしてる。

巣作りしてるなこれは!って感じてました。

ただ、それが本当に偽妊娠かどうかは曖昧でした。

店長さんに言われて納得したという感じ。

偽妊娠を繰り返している仔は避妊手術をした方がいいというのを聞いたことがありました。

それを店長さんに質問しました。

店長さん
店長さん
うちにも7歳の仔がいるよ
その仔は7歳で避妊手術したの
手術をすると毛がダラダラ抜けて体力消耗する
太りやすくもなる
半分は病気にならないから
難しいですよね

体力消耗する。太りやすくなる。

今まで以上にしっかりと見てあげないといけないってことですね!

このとき初めて偽妊娠をしてるとわかり、避妊手術をどうするか本格的に考え始めました。

血尿が出ている

最初は色が濃くなったなぁという程度らしいです。

それがどんどん赤くなってもうすでに子宮がんになっていると鮮血のような赤いとのこと。

斗空にいたっては特に濃いなと思ったことはありませんでした。

ただ手術する日の朝。

なんだかとても濃い尿をしている気がしました。

おしっこシートのメーカー変えたからそう見えたのかな?という感じでした。

もっとしっかりと日頃から尿の色もチェックしておけばよかったなと思いました。

4歳になったから健康診断に連れて行った

ネットで調べるしかない状況だと情報の取捨選択が難しくなります。

実際に手術を受けたうさぎ飼いさんのレポートを読んでみても小さい頃に受けている分しか出てこず、不安はまったく消えませんでした。

一人で悩んでいていも仕方がないのでプロの目でしっかりと見てもらおうと思い病院へ。

病院を探すのも一苦労でした。

うさぎ専門の病院が少ないこと少ないこと・・・

うさぎ“も”治療してくれる病院はあるのですがメインは犬猫。

そういうところに行くのは違うなぁと思い、専門でなくてもうさぎをしっかり診てくれるところを探しました。

そして見つけた病院。

ウッズペットの病院

千葉県八千代市にある病院です。

公式サイトを見るとうさぎの診療をしっかりとしているのがよくわかるサイトでした。

車で1時間かかる場所でしたがここしかないかなと行ってきました。

侑空-yua-
侑空-yua-
有名な『バニーグラス』は
賛否両論すぎていくのが怖くて^^;

獣医さんの話とうさぎの様子をみて決断

健康診断で行ったウッズペットの病院。

避妊手術するかを悩んでいることを問診票に書きました。

直接先生とお話して決めましょうということになりいざ診察へ。

子宮がん発症率を細かく説明してくださったり、歯のことを教えてくださったりととても丁寧でした。

そしてなにより斗空がそんなにビビってなかったのが大きかったです。

今まで2つの動物病院に行ったことがあるのですが、どちらも全く動かずぬいぐるみのようになっていました。

それが家と変わらない行動をしていたんです。

直感的にここなら斗空もそんなにストレスがたまらないんじゃないかと思いました。

やっぱり長く生きてほしい

4歳になってシニアと呼ばれる域に達した斗空。

これから先も一緒に時間を過ごしていきたい思いは年々強くなっています。

そのためにも避妊手術はするしかないんだなという気持ちに先生の話から感じました。

早い段階に手術していたら術後の回復は早い。

やっぱりもっと早くすべきだったかなとも思いました。

でも、私にそんな勇気はなかった。

一番失いたくない相棒がいなくなるのが怖かったからです。

先程も書いたように麻酔で死んでしまったら・・・

ウッズペットの病院の先生は麻酔事故は起こしたことがないとおっしゃってました。

あっても言わないと思いますが自信があるように見えました。

だから、もうここでお願いするのが私達の未来の為だ!とおもいました。

これは出会いとタイミングなのかもしれません。

今しなかったらもうしない気がしました。

今しなきゃいけない!そんな気がしたんです。

多分飼い主だったら感じると思いますこの直感。

だって、一番うさぎさんと過ごしているんですから。

避妊手術をすると決めて

元気な体にメスをいれることへの抵抗はまだありました。

それでも斗空が今後苦しまない為に決断しました。

歳を重ねてから手術ということになるともっともっと斗空が辛くなる。

それは何がなんでもイヤでした。

今まで受けさせなかった私が言うのもおかしな話ですが・・・

改めて子宮がん発症率を調べたり、歳を重ねてからの手術の状況を聞くと早めに受けることがいいと痛感しました。

受けさせないという選択もありだと思います。

受けたからといってその先絶対病気にならないわけではありません。

子宮がん以外の病気になる可能性は残っています。

ただ一つの要因を消しただけです。

受けても受けなくてもしっかりとみてあげることには変わりありません。

うさぎさんにとって何が一番いいのか。

それだけのことです。

お金がないから受けられない。

こんなこと言う人は飼わないでください。

本当に。

お金を理由にする人は動物を飼う資格はないと思います。

というわけで、遅くなりましたが4歳で斗空は避妊手術を受けました。

おまけ:健康診断の翌日に手術することに

まさかの展開でした。

明日!?

そうなんです。

健康診断の翌日に手術になりました。

心の準備ができてません。

あまりにも突然過ぎました。

でも、今しかないと思ったのでうけました。

前日には血液検査だけしました。

血液検査の結果は良好。

特に以上はありませんでした。

アミラーゼ多かったけどw

ちなみに、とにかく落ち着かなかったのは私です。

信用できる病院は早めに見つけておくのがいいですね!

私みたいに直前に探すからダメなんです。

もっと小さいときからかかりつけ医が決まっていたらここまで不安にはならなかったかもしれません。

とにもかくにも避妊手術どうするか。

迷ったら獣医さんに聞いてみましょ!!

プロの意見大事!!!

斗空-toa-
斗空-toa-
突然手術になったけぴよ
でも頑張ったけぴ!!
早く元気になるけぴ!!!

https://yua-sky.com/2018/12/25/usa-ope2/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です