侑空ごと

就活100社近く落ちて全否定された気持ちになったけどそれがすべてじゃない

就活100社落ちてもそれがすべてじゃない

おはようございます!こんにちは!こんばんは!
侑空-yua-です

10月になると就職活動を思い出すという方!

きっと同年代です。笑

私が新卒枠で就職活動をしていた頃は大学3年生の10月からエントリー開始でした。

今は4年生の6月から選考が始まるみたいですね。

『早ければ早い方が就職活動は有利』

これはきっと今も昔も変わらないんだと思います。

選考時期が遅くなってもです。

『他人からの評価』から浮かんだのは「就職活動」

今回、この記事を書こうと思ったきっかけがこの方のツイートでした。

このツイートを見て、私の頭の中に一番最初に浮かんだのが就職活動でした。

私の就活は成功とは程遠いもの。

本当に自分という存在を全否定された気持ちになりました。

なんのために存在しているのかわからなくもなりました。

それでも、得たものがあります。

それが『表現者になる』というしまい込んでいた夢を思い出せたことでした。

全否定されたと感じた就職活動

ドラマに携わる仕事がしたい!という理由でテレビ番組制作が学べる大学へと進みました。

それでも私の周りは関西から出ない人が多かったので、関東のテレビ局が第一志望の私は友人の中でも一番最初に選考が始まりました。

10月に入ると毎日エントリーシートと向き合う日々。

テレビ局のエントリーシートは特殊で新聞を作ったり作品を提出したりとやるべきことが多かったです。

そして、締切がどこも近い!

業界ごとに締切は固まるので書き終わってもまだ次が待っているという感じでした。

パソコンにポストイットを貼ってスケジュール管理をしていました。

エントリーは100社以上

就職氷河期から抜け出しそうと言われていた時期ではありましたが、まだまだ氷河期だと感じていたので100という数字はそこまで多いわけでもないと思ってました。

実際は少し多かったようですが^^;

テレビ局以外のエントリーシートはテレビ局分で鍛えられたからか少しずつサクサクとできていきました。

ですが、第一志望はテレビ局だったので早い段階で方向転換が必要になったわけです。

テレビ局以外でドラマに携わるには制作会社や編集会社まだ道はありました。

受け尽くしたときには燃え尽きていた

テレビ局から始まり、制作会社や編集会社、少しジャンルをかえてレコード会社、音楽事務所などエンターテイメントに触れられる有名所は受け尽くしました。

上京することしか頭になかった私は関西の求人を完全スルー。

リスクは分散させるべきです、本当に。

関西の求人もチェックしておくべきでした。

なぜなら、もうこのときにはすべてが終わっていたからです。

毎週夜行バスで東京に面接のために上京をしていたのに・・・

受けても受けても落ちる。

企業のニーズに自分がマッチしていないだけなのに自分自身が全否定された気持ちになります。

すべてが真っ暗になりました。

やりたいことなんてない方が幸せだと思いました。

やりたいことがある方が絶対にいい!!と思っていたのにです。

完全に心の扉を遮断してしまっていました。

100社落ちて見つけた答え

大学3年生から本格的に始めた就職活動。

実は大学2年生からセミナーを受けるために東京に行ったりもしていたので、実質3年間の就職活動でした。

選考が始まりことごとく落ちまくっていく中、自問自答する日が増えていきました。

「本当にやりたいことは何だろう?」

ドラマに携わるという目標もある。

エンターテイメントの世界に触れていたい。

でも、もっともっとずっと前にしまいこんだ夢があった気がしたんです。

声と音だけで表現する世界

『そうだ!声を使った仕事がしたいんだった!!』

自分でも忘れていたずっと心の奥底にしまいこんでいた夢。

落ちて落ちて落ちまくったからこそ引っ張り出されてきた夢でした。

これだけ落ちるということはその世界に自分は必要とされていないと思ったと同時に自分に素直になるときがきたと思いました。

声と音だけで成立する世界に魅了されたあの日から忘れてたとは言え消えなかった夢。

それこそが本当にやりたいことなのでした。

自分の色に染めてしまえ!

斗空-toa-
斗空-toa-
そんなに落ち続けてたけぴねー
夫ちゃん
夫ちゃん
落ちたことないからなぁ。大変やったね・・・
侑空-yua-
侑空-yua-
そうやねん。ホントめっちゃしんどかったよ
斗空-toa-
斗空-toa-
そこからどうやって復活したけぴか?
侑空-yua-
侑空-yua-
さっきの夢が気付かせてくれたんやで
斗空-toa-
斗空-toa-
何に気付いたけぴか?
侑空-yua-
侑空-yua-
就活が全てじゃないってこと!!

就職活動を続けていると自分に嘘をつく場面が多々出てくる

髪は黒くなければいけない。メイク・髪型はこうした方がいい。など

外見で判断してはいけないと言うけれど完全に外見から入っていますよね。

私はもうそこで息苦しさを覚えていました。

どれだけ会社の色に染まろうとしても染めてもらえなかった私。

だからこそ自分の色で染めてしまえ!と思うようになったのです。

私が目指した道は一環の就職活動よりも険しい道になるのはわかっていました。

それでも、目の前の世界はパッと明るくなり色鮮やかに見えました。

落ち続けたからこそ今がある

もし、あのときどこかに就職していたら今のこの生活はありません。

そんなの当たり前だと言われてしまえばそれまでですが・・・

一つ一つの選択が未来を作ります。

私は心の奥底から引っ張り出された夢を目標として動き始めました。

半年間で100万貯めて上京し、声優スクールに通いレッスンを受けました。

ネットでの配信も始め、声を知らない人に聞いてもらい応援してもらうこともありました。

その途中で夫ちゃんとも出会いました。

歌ってなければ出会うことのなかった存在です。

私は今「声を使った仕事」には就いていませんが、それでも胸を張って幸せだと言えます。

そう思えるようになったのも夫ちゃんに出会えて結婚できたからだと思います。

たった一回の就職活動がうまくいかないからと人生終わった。負け組だなんて思わなくていいんです。

幸せの形もたくさんあります。

新卒で就職できてもできなくても自分の人生全うしたらいいんです。

ちなみに私はずっと派遣社員として働いています。

今では派遣としての働き方が自分にあっているなと感じています。

これも就職していたら気付けなかったことだと思います。

最後に

綺麗事並べてる。就活からの逃げだと思われる方もいると思います。

でも、人の人生はそれぞれ十人十色。

何が正しくて何が間違いなのかわかりません。

だから他人は何も言えないのが本当なのです。

何が言いたいかって。

ほんの少し見方を変えたら闇も光になるんだよってこと!

とってもとってもしんどくて辛かったのは確かです。

それでも今笑っています。

こうやってこの話題を人に話せるくらいになっています。

だから大丈夫です、きっと。

その経験から見えてくるものきっと見つかります。

見つかると私は信じています。

就活に落ちてから現在まで転職を繰り返してきました。
その結果、あるご縁がありまして転職エージェンシーを紹介できることに!!!
仕事を探すときに一番大事なのはいろんなところから情報を得ることです。
大手にこだわらないことでこんな求人あったんだ!っていうのも出てきますよ♪

話だけ聞いてみたい、少し興味あるなって方は
お問合せフォームまたはTwitter(@yua_sky_yua)でご連絡ください☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です