うさぎ

うさぎと一緒にフェリー乗ってきた(2018年年末年始)

おはようございます!こんにちは!こんばんは!

ネザーランド飼いの侑空-yua-です。

年末年始、斗空-toa-を連れてフェリーで九州に行ってきました。

うさぎと一緒にフェリーに乗る。

これ案外難しい案件だと身を持って知りました。

ということで今回は斗空をどうやってフェリーに乗せたのか書いていきます。

行きと帰りと船の種類が違ったので、まずは行きの様子からどうぞ!

今回使ったルート


私たちは千葉住みです。

関東から九州に行くフェリーもあると言えばあるのですが乗船時間が長い・・・

【ある日の乗船スケジュール】
東京19時30分出港→徳島13時20分着
徳島14時20分出港→5時40分北九州着

徳島で乗降があるんですよね・・・

これはちょっと長すぎるということで、大阪まで車で行って大阪からフェリーに乗ることに!

のんびりまったり行くよ!っという方にはいいかもしれませんね♪

オーシャン東九フェリー
http://www.otf.jp/index.html

侑空-yua-
侑空-yua-
ペットルームもあるけど
犬猫と一緒だとさすがにストレスが…

車内残留はできなさそうだし
withペットルームも満室
これはもうダメだなとやめました

今回乗船したフェリー会社『名門大洋フェリー』

今回乗船したのは、大阪南港から新門司港まで行ける名門大洋フェリー

このフェリーはペット車内残留可能なのです!

ただ出港すると着岸するまで車には戻れません。

約9時間ほど車内にお留守番です。

斗空-toa-
斗空-toa-
お留守番は慣れっこけぴ
夫ちゃん
夫ちゃん
KPさん拗ねちゃったよw
侑空-yua-
侑空-yua-
申し訳ないけど耐えてくれ!泣

ということで、大阪まで車です。

車内では私の膝の上や首の後ろやとにかく動き回ってますw

大阪では実家で一泊して少しでもストレスを減らす方法を選びました。

乗船前にペット車内残留手続きをする


ネット予約をしてQRコードを印刷などしている場合は、そのまま乗船口に行っても大丈夫です。

車高が低い車両やペットを車内にお留守番される方は手続きが必要となります。

HPから事前に『ペットの車内残留に関する同意書』をDLして記入していたので提出だけでした。

ここでペット乗ってるよ!という紙ももらいます。

これを見えるところに置いておくわけです。

風通しの悪い所を希望する

手続きをすると現場で車両を整理している方に連絡がいきます。

どうやらペットが乗っていると風通しのいい場所に通されるようです。

犬猫ならいいのかも知れませんが、うさぎはとっても困ります。

手続きした時に風通し悪い方がいいことを伝えると現場の人に言ってくださいとのことでした。

ペットがいる紙を見た現場の方にも乗船するときに風通しいい方がいいですねと言われました。

やばっ!それはあかん!ってことで「うさぎなので風通しが悪い方がいいんです」とすぐに返しました。

すると、主にトラックを停める甲板に案内されました。

車から客室に移動したときに他の甲板も見ましたが、乗用車は基本かなり風通しのいい場所でした。

海が荒れていると車に波がかかるような感じ。

雨が降ったのか海水なのかわかりませんが結構濡れてました・・・

本当にこれ大事です!
冬は本当にこの一言で全然違います

ケージの寒さ対策

風通しの悪い甲板に停められただけではまだ不十分です。

うさぎは寒さには強いと獣医さんは言ってましたが、海の上ですから念には念を!

遠赤外線のクッションを入れる

これは急遽前日に購入しました。

熱を吸収してそれを放出するので自分の体温であったまるというものです。

乗船前日に購入なので斗空がこれが温かく感じるものだと気付いたかは定かではありません。

ただほりほりするおもちゃと思ってる気もします。

それでもないよりかはましかなという感じです。

床材に紙チップを敷き詰める

底に敷き詰めておくと少しは寒さがマシになるかなととにかく敷き詰めました。

普段はおしっこシートしか敷いてない引き出しの部分。

本当は居住スペースに入れようかとも思ったのですが多分飛び散るなと^^;

ケージの周りをバスタオルで覆う


意外と車の中は寒いと千葉から大阪に行くまでに思いました。

暖房入ってないとこんなにも違うのかと・・・

ということで、ケージの周りをバスタオルで覆いました。。

ブランケットやパーカーなどありとあらゆるもので覆いました。

あとは斗空を信じるしかないなという状況です。

時間には余裕を

普通の乗用車なら事前に準備をしておけるかもしれません。

しかし、RX-7は実質2シート。

後部座席を倒しフラットにしてそこにケージをおいてたわけですが結構ギリギリでした。

タオルでケージを覆うと後ろが全く見えません。

ということですべての作業を乗船待ちの間に二人でせっせとやりました。

出港一時間前にはすべての手続きを終えておかなければいけないのでそれも考慮してくださいね。

私たちは結構早めに着いたので時間はありましたが、それでも少しバタバタしました。

慣れないことをするときは時間配分がなかなかつかめないですね(^_^;)

揺れで他の車の防犯ブザーが鳴ることも

治安の悪い地域に住んでる方の車だと車体が揺れるとブーブーと音が出るものがあります。

これが少しの揺れで鳴ってしまうものもあるようです。

天候が悪くて海が荒れているとこれ鳴ります。

実際帰りのフェリーで何回も鳴っている車がありました。

行きはそんなことがなかったので、斗空も何ともなく普段通りでした。

それが帰りはその音にビックリしたのか着岸して車に戻ったときかなりビビってました。

いつも車の中を大冒険するのにこのときは全然動かず私にべったり。

こればっかりはどうしようもないのですか、こういうこともあるということを知っておいてください・・・

斗空-toa-
斗空-toa-
あの音はすごかったけぴよ
夫ちゃん
夫ちゃん
何回も鳴ってたもんね
侑空-yua-
侑空-yua-
車の中のべったり具合で
本当にこわかったんだろうなって
すごく感じたよ・・・泣

今回うさぎと一緒に九州に言った理由


今回、斗空と一緒に九州に行こう!と思ったのは、避妊手術後で心配だったからです。

それだったら尚更ホテルとかに預けた方がいいのでは言われそうですが・・・

獣医さんにも長旅になることを伝えたうえでの手術だったので問題はありませんでした。

ストレスになるから移動は最小限に。

それはごもっともです。

ですが、やっぱり一緒にいろんなところに行きたい。

留守番ばかりさせているとすぐにムスッとするのでw

斗空は千葉⇔大阪間は何度も車で移動しているので車移動に関してはベテランです。

フェリーだけが問題でした。

車が揺れでブーブーって鳴るのは想定外。

それでもよく頑張ってくれたと思います。

ただ、今回この方法で行けたのは冬だからです。

夏は絶対に不可能です。

風通しのいい所と言っても車内は暑くなりますからね(^_^;)

ペットルームまたは一緒に泊まれる部屋を予約するしかありません。

多分夏は埋まるのが早いと思うので、予約が開始する乗船日の二か月前に予約するのがベストだと思います!

うさぎさんと一緒にもっと旅ができると嬉しいですね♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です